中部地方では5名の先生を推薦します。

静岡市葵区敬天堂歯科医院呉服町クリニック院長蒔田真人先生はこの地で最も古くからインプラント医療を実践されてこられた第一人者です。歯科学研究所理事 日本口腔インプラント学会代議員 日本歯科補綴学会指導医をお勤めです。奥様の信子先生歯科学研究所監事 ☆☆☆メデントプロフェッサー。

富山県黒部市うめかわ歯科クリニック院長梅川哲也先生は、メデントインストラクターコース1期生で古くから後進指導にあたって居られるインプラントの専門家です。スウェーデンイエテボリ大学Sahrengska Academy 顎顔面外科学Karl-Erik Kahnberg教授に師事。歯科麻酔を修めておられることから自身で静脈内鎮静法を用いたストレスを軽減した治療を実践しておられます。☆☆☆メデントプロフェッサー、歯科学研究所監事

愛知県安城市新安城歯科院長荒尾誠子先生は、当地域随一の歯育機関である愛知学院大学歯学部歯学科を卒業、同大口腔外科、名古屋徳洲会病院歯科口腔外科に勤務された口腔外科のスペシャリストです。手術の腕には定評があり女性口腔外科医の嚆矢として活躍しておられます。歯科学研究所理事、同インプラント認定医、☆☆メデント上級インストラクターhttps://shikaken.org

名古屋市守山区アルト歯科・歯科口腔外科院長長岡俊哉先生は東京医科歯科大学大学院で歯学博士を修め(口腔顎顔面外科学専攻)、山梨大学医学部附属病院歯科口腔外科外来医長を務められた口腔外科医です。インプラントはアメリカで習得され多角的なインプラント医療を展開しておられます。歯科学研究所会員、☆☆メデントインストラクター。

本推薦は伊藤正夫がいたしました。メデントインスティテュート代表☆☆☆メデントプロフェッサー 歯科学研究所理事長、同認定医 医学博士 口腔外科専門医。